活動報告

201266日(水)

 

 WHOの英国医療事故被害者遺族代表 ジョセフィン・オクルーさんと意見

 交換を行いました。 

 

オクルーさんは1996年に医療事故で娘さんを亡くされました。その後、医療事故調査の申立てを3回行いましたが、納得のいく説明を得られませんでした。

 

そのような経験からオクルーさんは、2004年に患者安全について医療社会学(特にアクション・リサーチ)の見地からアプローチする研究者として博士号を取得し、研究活動に行っています。 今回は、その活動の一環で日本を訪問することになり、同じ医療事故被害者遺族の当NPO豊田理事長と永井理事との意見交換会が実現しました。

 

イギリスでの患者サポートの現状は、国の指示によって全病院に患者相談窓口(PALS – Patient Advice and Liaison Services )が設置されており、そこには病院職員(必須ではないようですが、医療従事者であることが多いとのこと)が配置されているそうです。

 

そこでの対応で納得が得られなければ、地域ごとに設置されている独立苦情サポート窓口 (ICAS- Independent Complaints Advocacy Service)に相談を持ち込むことができ、さらに次のステップとしてオンブズマンに訴えることも可能です。しかし、ごく短期間で制度が変わることや周知不足であること、またオンブズマンが取り扱うケースに相当な限りもあり、この制度をうまく利用している患者さんはごく一部に限られているようです。

  

これらをお聞きして、イギリスでも医療事故に遭われた患者・遺族に対し、十分なサポートを受けることができていないと感じるケースが多いのは日本と状況が似ていると感じました。

                                                    (報告者:大西)                                    

What's New

 

2014年9月13日 更新

第4回シンポジウムin名古屋のお知らせ 

 

2014年8月31日 更新

医療対話推進者研修:

大坂B→名古屋コースへ変更、東京Ⅽコース会場決定のお知らせ

 

2014年4月23日 更新

医療対話推進者研修:東京Bコース中止のお知らせ 

 

2014年4月13日 更新

医療対話推進者研修受講料の支払い方法についてお知らせ 

 

2014年3月22日 更新

平成26年度医療対話推進者研修申し込み開始のお知らせ 

2014年1月15日 更新

第2回実践報告シンポジウム(2月16日開催)のお知らせ

7月13日 更新

入会案内追加のお知らせ:団体賛助会員受付開始

5月10日 更新

医療対話推進者研修:東京B(10/12~14開催)会場決定のお知らせ 

 

4月30日 更新

医療対話推進者研修の研修内容一部修正のお知らせ

 

4月19日 更新

NPO法人設立1周年記念シンポジウム開催のお知らせ

 

4月2日 更新

平成25度  医療対話推進者研修申し込み受付中

 

3月9日 更新

平成25度  医療対話推進者研修日程のお知らせ

 

1月26日 更新

平成25度  医療対話推進者研修開催のお知らせ  

 

2013年1月24日 更新

厚生省労働科学特別研究事業 研究会主催

「医療対話仲介者(仮称)の実態把握と役割・能力の明確化に関する研究成果報告会」開催のお知らせ

 

11月20日 更新

院内患者支援員養成研修in東京 研修 3日目(12/2)

開始時間変更のお知らせ

 

8月24日 更新

毎日新聞で当NPOの取り組みが紹介されました。

 

 8月3日 更新

院内患者支援員養成研修in名古屋  都合により大阪会場と合同実施へ変更のお知らせ

 

6月29日 更新

院内患者支援員養成研修in東京  研修会場確定のお知らせ

 

6月27日 更新

事務局のメールアドレス変更のお知らせ

 

6月13日 更新

活動報告をアップ

英国の患者サポートの現状について 

 

2012年6月9日 更新

院内患者支援員養成研修

大阪会場の場所変更のお知らせ

 

院内患者支援員養成研修

申し込み受付中

 

NPO設立シンポジウム

開催の おしらせ  …終了しました

 

患者サポート体制に従事する職員研修(院内支援員研修)を開催します