NPO法人「架け橋」の活動理念

1.傷ついた気持ちに寄り添う

  医療事故が起きると、患者・家族も医療者も深く傷つく。 関係者の気持ちに最大限配慮することを大切にする。
 

2.関係者の話を聴き、いっしょに考える

  関係者の思いを理解するため、「聴く」に徹することからはじめる。そのうえで、患者・家族、医療者を支え、提案やアドバイスをするのではなく、これからどうしていくかをいっしょに考えていく。

 

3.患者・家族・医療者を心から尊重する

 患者・家族、医療者の気持ちを心から尊重し、それを理解しようとすることが大切。患者・家族、医療者の感情をコント ロールしてはならない。

そのためのスキルトレーニングは必要だが、マニュアル的スキル(聴く技術・言い換えの技術)に終わってはならない。

 

4.肩代わりするのではなく、向き合うことを支える

 代わりに謝罪するなど、「当事者の代行」はしない。 患者・家族、医療者自身が  

自分たちで向き合えるように支え、環境の整備をする。

 

5.公平性・中立性を超える

 中立性という指標は、患者・家族と医療者との信頼性を得るためのものだが、病院職員という立場は「公平・中立」に は見えないことがある。傷ついている人に対して、ときには一方に寄り添うことで、信頼関係をつくる必要もある。

 

6.医療事故分析の調査には携わらないが連携する

 医療事故分析の調査には直接携わらないが、適切な連携が必要である。 患者・家族と医療者が誠実に対話をすることを通して、小さな信頼が積み重なって大きな信頼に結びつくようなプロセ スを支える。  


7.小さな信頼から大きな信頼へ  

 事故後の対応・ケアとして、正答や唯一の方策といえるものはない。

 

 私たちNPO法人「架け橋」は上記事項を活動理念として定め、どのような事業を行う際にもブレない気持ちで臨みます。  

                                       理事長  豊 田  郁 子

What's New

 

2014年9月13日 更新

第4回シンポジウムin名古屋のお知らせ 

 

2014年8月31日 更新

医療対話推進者研修:

大坂B→名古屋コースへ変更、東京Ⅽコース会場決定のお知らせ

 

2014年4月23日 更新

医療対話推進者研修:東京Bコース中止のお知らせ 

 

2014年4月13日 更新

医療対話推進者研修受講料の支払い方法についてお知らせ 

 

2014年3月22日 更新

平成26年度医療対話推進者研修申し込み開始のお知らせ 

2014年1月15日 更新

第2回実践報告シンポジウム(2月16日開催)のお知らせ

7月13日 更新

入会案内追加のお知らせ:団体賛助会員受付開始

5月10日 更新

医療対話推進者研修:東京B(10/12~14開催)会場決定のお知らせ 

 

4月30日 更新

医療対話推進者研修の研修内容一部修正のお知らせ

 

4月19日 更新

NPO法人設立1周年記念シンポジウム開催のお知らせ

 

4月2日 更新

平成25度  医療対話推進者研修申し込み受付中

 

3月9日 更新

平成25度  医療対話推進者研修日程のお知らせ

 

1月26日 更新

平成25度  医療対話推進者研修開催のお知らせ  

 

2013年1月24日 更新

厚生省労働科学特別研究事業 研究会主催

「医療対話仲介者(仮称)の実態把握と役割・能力の明確化に関する研究成果報告会」開催のお知らせ

 

11月20日 更新

院内患者支援員養成研修in東京 研修 3日目(12/2)

開始時間変更のお知らせ

 

8月24日 更新

毎日新聞で当NPOの取り組みが紹介されました。

 

 8月3日 更新

院内患者支援員養成研修in名古屋  都合により大阪会場と合同実施へ変更のお知らせ

 

6月29日 更新

院内患者支援員養成研修in東京  研修会場確定のお知らせ

 

6月27日 更新

事務局のメールアドレス変更のお知らせ

 

6月13日 更新

活動報告をアップ

英国の患者サポートの現状について 

 

2012年6月9日 更新

院内患者支援員養成研修

大阪会場の場所変更のお知らせ

 

院内患者支援員養成研修

申し込み受付中

 

NPO設立シンポジウム

開催の おしらせ  …終了しました

 

患者サポート体制に従事する職員研修(院内支援員研修)を開催します